• ホーム
  • アイピルの副作用を予め確認するのが大事

アイピルの副作用を予め確認するのが大事

OKサインを出す女性

アイピルは緊急避妊薬です。
緊急避妊薬はモーニングアフターピルとも呼ばれています。
避妊に失敗したり、性犯罪に巻き込まれて望まぬ性行為をしてしまった次の朝に飲むことから、モーニングアフターピルと呼ばれるようになったのです。

緊急避妊薬は、性行為から72時間以内に飲むことで受精卵が子宮内膜に着床することを防ぐ薬です。
これを服用することで、妊娠する確率はかなり低くなります。

アイピルは緊急避妊薬という薬です。
薬であるからには副作用があります。

安易に「緊急避妊薬があるから避妊をせずにセックスをしても大丈夫」という考えのもとで、避妊なしのセックスをしてはいけません。

アイピルの副作用を予め確認することで、避妊に失敗した性行為をした場合にのみ服用しましょう。

まず、主な副作用は吐き気と頭痛です。
これらは24時間以内におさまります。
また、場合によっては不正出血もあるでしょう。
ただ、吐き気が酷い場合は、病院で吐き気止めを処方してもらいましょう。
低用量ピルを飲んでも嘔吐してしまえば、妊娠する確率が高くなってしまいます。
また、72時間以内に服用したとしても妊娠する確率が0%になるわけではありません。

ですから、緊急避妊薬に頼らず、日ごろから低用量ピルを飲むなどして避妊をしっかりしましょう。