• ホーム
  • アイピルの避妊率は100%ではないと知っておきましょう!

アイピルの避妊率は100%ではないと知っておきましょう!

笑顔の女性

「アイピル」は緊急避難ピルやアフターピルとものバレている緊急避妊薬の事を言います。

何らかの原因で性行為の際に避妊具を使用することが出来なかった場合や避妊具を装着していても十分な避妊を行うことが出来なかったという場合など計画外の妊娠を防ぐことが出来る医薬品です。
性行為後24時間以内の服用で95%、72時間以内では75%の有効性が報告されていますが、アイピルの避妊率は100%ではないので注意が必要です。

服用法としては、性行為後72時間以内に1錠を出来るだけ早く服用するようにします。

アイピルは黄体ホルモンに作用し、強制的に生理を引き起こす場合もあり体に大きな負担を掛けることがあります。
ですから、通常の避妊薬と同じように常用することは避ける必要があります。

重篤な副作用の報告はありませんが、不正子宮出血や頭痛、吐き気、倦怠感、下腹部の痛みなどが現れる場合があります。
吐き気は吐き気止めを服用することで症状を抑えることが出来ますが、吐き気止めと併用する場合には吐き気止めを服用してから1時間程度の時間を空けてから服用するようにしましょう。
もし、体に異常があらわれた場合には専門医による診察が必要となります。

サイト内検索
人気記事一覧