• ホーム
  • 妊婦がアフターピルを飲むとどうなるか

妊婦がアフターピルを飲むとどうなるか

落ち込んでいる女性

アフターピルとは、性交渉を行った時に、避妊に失敗した時に緊急避妊用として服用するピルのことを言います。

これを性交渉後、72時間以内に服用することで、受精卵の着床を防ぐことができ、妊娠を妨げることができます。
避妊の成功率は、99パーセントとも言われており、避妊に失敗したと気づいた時から速やかに服用すれば、ほぼ確実に避妊ができます。

しかし、このアフターピルは副作用も報告されています。
服用後に吐き気や頭痛を訴える人が多くいますが、この症状は通常であれば1日以内に治まるので心配いりません。

なお、アフターピルは72時間以内に服用しなければいけないとなっていますので、それ以降に服用したら効果が薄れてしまいますので、注意が必要です。

ピルは産婦人科に行けば、聞き取り等を行った上で簡単に処方してくれます。
しかし、保険適用外になりますので、5000円程の費用がかかります。

ちなみに、既に妊娠している妊婦がアフターピルを飲むとどうなるかということですが、すでに着床している妊婦には効果はありません。
あくまで着床することを妨げるためのものですので、誤って服用しても流産などを引き起こすといった心配をする必要がありません。